春本番!

いよいよ春本番の季節がやってきました。
東洋医学では「陰陽五行論」という理論があり、身体の臓器、器官、感情、季節、食べ物など様々なものが配当されています。
また、人間は自然と共存していると言われているため、季節に応じて特徴があります。

前回もお話しましたが、春の配当をさらに詳しく説明すると、陰陽では陰中の陽で、「陰陽消長」です。
五行では、五臓は肝(肝臓)・爪・目・筋肉も関連性があります。季節の特徴は、感情は怒る、味は酸味、色はです。
具体的に説明すると、春は目覚めの季節です。
身体の活動が活発になり始めるので肝(肝臓)の働きも盛んになります。そのため、肝の気が上気して、身体の不調は上半身に現れます
前回もお話しましたが、顔のむくみ・鼻づまり・花粉症・目の充血・頭痛・のぼせ・吹き出物などが出やすくなります。

また、肝はストレスがとても影響しています。イライラしたり怒りやすくなったら要注意…肝気が滞ります。
さらに、血の巡りも悪くなるので、爪が割れやすくなったり、疲れ目になったりします。
足がつりやすくなったり筋肉痛になりやすくなったりすることも。

食生活では青いもの=と考えてください。緑の野菜をたくさん摂るようにしましょう。
たとえば、菜の花、タラの芽、ウド、セリ、山菜などがあり、果物ではキウイフルーツがおすすめです。
春野菜で苦みのあるものはデトックス効果がありますので、滞りやすい体質の方は多く食べるように心がけるといいでしょう。
また、春の味は酸味です。お酢をうまく利用したり、レモン、グレープフルーツ、キウイフルーツ、パイナップル、りんごなどを摂るといいでしょう。

ただ、冷え症がひどかったり、虚弱体質の方やお年寄りは食べ過ぎには要注意。収れん作用があるので摂りすぎないようにしてください。
酸味に甘味をプラスした甘酸っぱいものがおすすめです。

春におすすめのグリーンスムージーの作り方

グリーンスムージー

■材料

  • 青汁(冷凍のもの)1袋 少し解凍する
  • キウイフルーツ 1個
  • リンゴジュース(100%のもの)50㏄~100㏄位 ※キウイの甘さによって量を調節します

 

■作り方

材料をすべて入れ、ミキサーで回してできあがり。

※キウイフルーツの代わりにパイナップルでもおいしくいただけます。
甘味多めが好きな方は、リンゴジュースの代わりにヤクルトを入れるのもおすすめです。
※青汁は粉末でも代用できます。その際はジュースや氷をプラスしてください。