私は、10数年前から韓国によく行くようになりましたが、何度も訪れたくなるのは、身体の疲れが取れて、元気をチャージできるからだと思います。
それがブームが落ち着いた今でも、また行きたくなる理由の一つです。

前回もお話しした、汗蒸幕やチムジルバンなど、韓国の伝統的なサウナでデトックスできることも元気になる秘訣ですが、一番の理由は食にあると思います。
おいしくて、野菜がたっぷりで、スタミナがつくからです。

何年か前に日経ヘルス(雑誌)のリサーチで、日本人と韓国人を比較した特集によれば、
1日の野菜の量が日本人が300g弱なのに対し、韓国人は580g強摂取しています。
また、便秘に悩んでいるか?という質問では、悩んでいない人が、日本は27%に対し、韓国は51%でした。
韓国の女性に美肌が多いのは、インナーケアのおかげだと、納得ですよね。
サウナなどでよく見かけますが、すっぴんの韓国女性の素肌がきれいでうっとりしてしまうこと多々あります。

旅行に行くと野菜不足で悩むのが一般的ですが、韓国では全く心配なし、それどころか、韓国のほうがたくさん野菜がいただけます。どこの、お店に入っても、一品料理を頼めば、たくさんのおかずやキムチがついてきて、それらはもちろん食べ放題ですし。

焼肉屋さんでは、サンチュ以外にも、いかにも色の濃い身体に良さそうな葉野菜がたっぷり出てきます。なので、肉を沢山食べすぎることがありません。
焼肉だけでなく、プルコギ(韓国風すきやき)やポッサム(ゆで豚)も葉野菜で包んで食べますし、お刺身などにも葉野菜がついてきて包んで食べる習慣があるのでどこでも野菜不足になりません。

世界で野菜摂取量ナンバー1は中国らしいですが、中華は油で炒めた温野菜中心なので、断然韓国料理がおすすめです。
韓国では、生野菜そして温野菜のナムルや、発酵食品のキムチがテーブルに並びます。
他の国に行った後は、和食などさっぱりしたものが無性に食べたくなりますが、韓国に行った後は胃腸の調子が良く、そんなことは全くありません。
今回は帰国後すぐ、食べ足りず、韓国料理に行ってしまいました(笑)

おすすめのお店紹介

それでは、今回の旅行で行ったお店や、今まで行ったおすすめのお店をいくつかご紹介します。

カンジャンケジャン

クンキワチプ「カンジャンケジャン」

今回は、カンジャンケジャン(渡りかにの醤油漬け)で有名な「クンキワチプ」に行ってきました。ここは、カンジャンケジャンなどのメインを頼むと11種類のおかずとチゲ、ごはんがついてきます。
宮廷料理ほど重厚でなく、少しカジュアルな韓定食をベースにカンジャンケジャンがいただける、とてもおすすめなお店です。

今回は3人で行ったので、カンジャンケジャンを2人前にカルビチムを1人前頼みました。
前回、カンジャンケジャンのみ頼んだところ、味のバリエーションがあったほうがよかったなと思ったからです。

ここの、カンジャンケジャンは7年熟成の醤油に韓方を加えたものらしく、味が濃すぎず、すっきりした味わいなのが特徴です。また、他のおかずは野菜中心で、塩分がひかえめ、素材の味を生かした上品な味付けです。
場所も三清洞にあり、ロケーションも昔ながらの韓国のお屋敷などがあるエリアで、かわいい雑貨屋さんやおしゃれなカフェも多いので、食後はお散歩しながら帰るのがおすすめです。登り坂の途中にあるので、帰りは下り坂で楽々です。

参鶏湯

「神仙ソルロンタン」と
参鶏湯の「トソッチョン」

また、何度もリピートするのは、「神仙ソルロンタン」と参鶏湯の「トソッチョン」
あまりにも有名なこの2店ですが、はずせません。
今回はソルロンタンをいただき、参鶏湯は次回にまわすことに。

参鶏湯は夏に食べる習慣があり、韓国にも日本の土用の丑と同じような日があり、参鶏湯とスイカを食べて、夏バテ防止や風邪予防をする風習があります。
ソルロンタン・参鶏湯いずれも、お肉のコラーゲンが溶け出していて栄養満点ですし、やさしい味なので、寝不足で訪れたときや、胃が疲れているときにも、おすすめです。

日本でも、レトルトの参鶏湯があるので、私は風邪気味のときに食べています。
温めるだけなので手間いらずです。その時はぜひキムチをお供に。

元祖サムパチプ

元祖サムパチプ

野菜たっぷりでおすすめなのが、「元祖サムパチプ」…薄切りのサムギョプサルと肉を包む野菜30種、10種類のおかずが並ぶサムパプ定食。
野菜は有機野菜で味も濃くて、日本では見かけない野菜もたくさん入っています。
お肉は極薄なので、かなり多くの量の野菜がいただけて、おまけにさっぱりして後を引く味です。
野菜もおかずもおかわり自由なのに、1人前1,000円くらいなので、かなりリーズナブルです。

チャメ

チャメ

そして、果物といえば、チャメと言って昔日本にもあったマクワ瓜と同じものなのですが、これがとてもおいしいんです。
日本のメロンよりさっぱりしていて、さっくりした触感です。6月くらいから夏が旬のもので、日本では韓国食材専門のスーパーにしか売っていません。

スーパーで買ってホテルに持って帰ることもありますが、今回はチムジルバンで2回もいただいてしまいました。
チムジルバンでは旬の果物を冷やして売っているところが多いのでよく注文します。
これからの季節は、梨もおすすめです。日本に比べ寒くなっても梨があるんです。冬の季節に、チムジルバンでいただいたときも、とてもおいしかった記憶があります。

辛くない韓国料理もあります!

今回、ご紹介したお料理はすべて辛くないものです。
私は大の辛いもの好きですが、意外と韓国では、辛くないお料理をいただくことも多いのです。
キムチチゲなど辛いチゲやお料理もたくさんありますが、素材の味を生かした、美容効果の高いお料理が多いのも韓国料理の魅力でもあります。

また、韓方をお料理やお茶にふんだんにつかっているのも、特徴です。韓国伝統茶が飲めるカフェも風情があり、まったりできる素敵な空間です。
またの機会にご紹介したいと思います。