ずいぶん気温が下がり、寒くなりましたね。
最近では、身体の冷えから肩こり、首こりなど、コリや痛みに悩むお客様が増えています。

東洋医学で、冬は「陰中の陰」と言って、陰が最も強くなる季節です。
臓器では、季節の特徴は寒さ、感情は、味は塩辛い、色はが冬の特徴です。
冬の寒気はからだの陽気を消耗させるため体が冷え、気血の巡りが悪くなります
そして、関節や筋肉のこわばりや痛み、肩こり、腰痛などの症状が現れやすくなります。

また、秋から続いている乾燥に寒気が加わり、口や鼻の乾燥、のどの痛みや渇き、咳や喘息、皮膚の乾燥といった症状が現れます。
寒気+乾燥の外的環境が、のどの粘膜を乾燥させ、ウィルスが侵入しやすくなり風邪を引きやすくするのです。

腎は、生命の貯蔵庫と呼ばれ、ホルモン、代謝、免疫、泌尿器などに関わっています。
また、発育・生殖などに関連があります。

冬は腎が消耗しやすく、具体的には、
疲れやすい・足腰が怠い・腰痛・耳鳴り・むくみ・頻尿など、老化に関連した症状が出やすいと言われています。
解消法は、寒さと乾燥対策・睡眠・栄養を補うことです。

私は、冬になると、睡眠時間が夏に比べると1〜2時間増えますし、家にこもりたくなります。
動物的生理現象なのですが、自分でも冬眠する動物みたいだと毎年思います。
アクティブに動けなくて、落ち込む方も結構いらっしゃるのですが、生理現象ですから極端でなければあまり気にしないことです。
冬は、おうちにこもって冬を楽しむように、気持ちを切り替えてあげると気が楽です。

寒さは、体力を消耗させますから、仕事などでお疲れの時に、無理して飲みに行ったり、遊びに行って、風邪を引いた経験がある方も多いと思います。
冬は他の季節よりも、少し無理をしないように心掛けてあげるだけで、体調が良くなるはずです。

低体温だと免疫が下がり、風邪を引きやすいと以前にもお話ししましたが、体温を上げる温活もこの季節には大切ですね。

ヒートショックプロテイン入浴法

ここ数年、TVや雑誌などでよく取り上げられている、「ヒートショックプロテイン入浴法」をご存知でしょうか?

HSP(ヒートショックプロテイン)とは、さまざまな環境ストレスで増加し、そのストレスから細胞を防御するタンパク質のことなのです。
どんな入浴法かというと、40〜42度の湯船に10〜20分間つかって、しっかりと体を温めると、体をストレスから守る力が高まるというものです

【効果】
傷や病気が治りやすくなる・疲れにくい・風邪やインフルエンザにかかりにくい
低体温体質改善・肌がきれいになる

【方法】
週2回程間をあけて実施。
入浴後、2日後にHSPがピークになるので、大切な予定があったら、予定日の2日前に行う。
40〜42度の湯船に10〜20分入浴。首だけ出した全身浴で、できたら浴槽のふたを閉めて行う。
体温計を加えて、38度以上になり発汗するように体を温める。
入浴前後で500ml位の水分補給も忘れずに。

※高血圧や心臓疾患の方は、体調に影響を与える恐れがありますので、お控えください。

この入浴法と同じような効果があるのは、他にはサウナや岩盤浴がありますので、お好きな方法で。
私はサウナが大好きで週に1回は必ず行きますし、時間がなければHSP入浴法もしています。
スイミングにもたまに行っているのですが、プールの前は必ずサウナに入っていて、かなり体を温めているのですが、大人になってからインフルエンザにもかかっていませんし、寝込むような風邪はここ10年以上引いていません。
サウナに頻繁に行きだしたのも10数年前だと思います。
時間がなくても、自宅のお風呂なら簡単にできますから、HSP入浴法をぜひお試しください。

クナイプ バスソルト

また、バスタイムを楽しむために、入浴剤を使ってリラックスするのは必須です。
特に、高めの温度のお湯は肌を乾燥させますから、必ず入浴剤を入れることをおすすめします。

私は、クナイプのバスソルトが定番です。
スイートバイオレット&マグノリアの香りを使用していましたが、使い終わってしまい、空の写真で失礼します。
ドラックストアでもネットでも購入できます。

DR AROMA BATH
エリミネーション

もうひとつ最近のお気に入りが、アロマセラピストの方からいただいた、DR AROMA BATHのエリミネーションです。
この種類は、くすみや冷えに効果があり、エッセンシャルオイルにホホバオイルが配合されている、保湿効果もある入浴剤です。
こちらは、ネットで購入しています。

どちらの入浴剤もリピート中なのですが、種類が豊富なので、季節や体質に合わせて選んでいます。

プチ薬膳

冬によい食べものは以下になります。腎を補い、体を温めるものをご紹介します。

■腎によい食べ物
黒いもの…黒米、黒ごま、黒豆、黒きくらげ、海草類、牡蛎、えび、ニラ、くるみなど
冷えによい食べ物…鶏肉、羊肉、にら、玉ねぎ、ジャガイモ、ネギ、生姜、にんにく、かぼちゃ、山椒、シナモンなど

また、ミカンは気血の巡りを良くするので、旬の果物として最適です。
皮は乾燥させると陳皮という漢方になります。体を温める効果があるので入浴剤として利用しても。

最後に…

冬用に購入したボディクリームを紹介します。

ハウスオブローゼ「越冬クリーム」

ハウスオブローゼの「越冬クリーム」ネーミングが気に入って購入しました。
冬の乾燥を越せる…という意味があるのでしょうが、とってもテクスチャーがこっくりしているんです。
バスタイムの濡れた肌にすぐ馴染ませて塗っています。
こちら、フェイス&ボディと書いてあるので顔にも使えるのでしょうけれども、私は今のところボディしかつけていません。
お風呂に行ったときなど、化粧品を忘れたときにお顔につけることもできるので便利かもしれませんね。