またまた温活の季節がやってきました。
12月初旬からぐっと気温が下がり、寒い冬が長そうですね。
体が冷えて体調を崩していませんか?
東洋医学で冬は、寒邪が体を侵し、冷えた結果、風邪を引いたり、下痢をしたり、頻尿になったり、関節が痛かったり、腰痛、神経痛を起こしたりなど、今シーズンはすでに痛い思いを経験された方も多いのではないでしょうか?

体が冷えると、お顔のお肌の調子も悪くなり、乾燥・シワ・たるみなどが増え、美容にも悪影響です。
寒がり、冷え性の方に一番多いのが、手足が冷える末端冷え性です。
足が冷えるので、靴下やタイツを重ね履きしている方がとても多いのですが、締め付けているようならかえって逆効果かも?しれません。
足の指と指の間や指の先端には足の血流を良くするツボがあるのでここを圧迫しているとかえって冷えます。
ゆとりのある靴下などを履いて、指が動く状態にしておくことが大切です。

誰でも、じっとしていれば冷えますから、こまめに指先を動かしてあげることで冷えを解消することです。
最近ではムートンやボアのブーツが冬の定番ですが、温かいので欠かせないですよね。
昨年、靴下をしっかり履いて、ムートンブーツを履いても足が冷えて仕方ない日があり、思い切って素足に履いたら温かったことがありました。
靴下で圧迫していたのだと思います。
靴底がしっかり起毛していたら、とても薄い靴下か素足が温かいのでおすすめです。

また、体が冷えると、血管が省エネ循環になります。
命を維持するために一番大切な心臓を冷やさないために、短い循環で血液を巡らせるため、手足など末端まで血が行き届かなくなるのです。
ですので、手足を温めるのではなく、お腹や背中などを温めるのが先です。
カイロポケットつきの腹巻はとてもおすすめです。

また、背中にはたくさんのツボがあり、特に臓器に関連している大切なツボがありますので温めると効果的です。

私は、レンジでチンするホットパットをよく背中の下に置いて温めます。
また、ベッドメイキングは敷毛布に発熱素材のものを使っています。
掛布団は羽毛布団の上に毛布を掛けています。
お休みのときに、上を温めるより、下を温めたほうがよく眠れますし、体が温まります。
また、女性の大半がお尻から太ももが冷えているので下から温めたほうが効率的です。
電気毛布は乾燥するので、長時間かけつづけないようにタイマーを上手く利用してください。
肌が敏感だと、乾燥からかゆみがでるので、私は使っていません。

カイロを貼るなら

  1. まず、お腹か背中(または両方)一番長く温かくいられます。
  2. 寒さを瞬間的に解消したかったら、背中面首下です。
    よく首から風邪を引くと言いますが、首には「風門」という、風邪の入り口という意味のツボがあります。
    ここを冷やすと風邪を引くという意味があります。
    寒すぎて風邪を引きそうなときに押してみてください。
  3. そしてさらに足りなければ、足先に貼る。
    このように、目的に合わせて順序立てて貼るのが良いと思います。

ヨモギパット

ちなみに、私はまず「よもぎパット」を使います。
お尻から太ももの冷えを解消できますし、トイレに行く回数がかなり減りますので、観光中心の旅行のときにはとても便利です。
バスや車で長時間移動のときも助かります。
スカートやワンピースのときも必須です。
今私が使っているのはよもぎ蒸しサロンから仕入れたものですが、ドラックストアでも売っています。
よもぎはお灸のもぐさの原材料なので、体を温める効果が高いと言われています。
冷えがひどい方は、セルフ灸を継続して使うのも良いと思います。
市販されている「せんねん灸」を使えば簡単にお灸ができます。

はじめてのお灸 moxa4つの香り

はじめてのお灸 moxa4つの香り

ビギナー用の「はじめてのお灸moxa4つの香り」緑茶やお花の香りなど4種類あり単品でも購入できますし、お得な4つセットもあります。
お灸は熱そうで怖い、香りがきついという方に使いやすいお灸です。
ネットで購入できます。

火を使わないお灸太陽

火を使わないお灸太陽

もっと手軽に使えるのが、「火を使わないお灸太陽」。
言葉の通り、火をつけないので安心、じんわりと温まります。
ドラックストアでも売っています。
お灸はツボに据えるものです。
とても詳しい説明書が入っていますので、下のツボを参考に自分にあったツボを探してください。

冷え性の女性に効果的なツボをいくつかご紹介します。

「関元」

おへそから指4本分下にあります。通称丹田と呼ばれるところです。
下腹部がプヨプヨしていて、力がない感触の方には特におすすめで、冷えて疲れやすい・腰が痛くなりやすい方に。
「湧泉」

足の裏にあり親指と人差し指の間と足をぎゅっと曲げたときに折れるところがぶつかったところにあります。
特に足の冷えや体のだるさに。

「三陰交」

足のうちくるぶしから指4本分上、すねの骨の後ろのくぼみにあります。
冷えはもちろん、生理痛・生理不順など女性疾患に万能です。

※一度、鍼灸の施術を受けていただくと、体質に合ったツボをご案内しております。