今年は例年に比べ暑くなるのが早いですね。紫外線の量も例年より多いらしく、紫外線対策が必須です。
特に日焼けをする環境にいなくても、秋になると全体的に黒くなったり、くすむと思う方は、今年はしっかり紫外線対策をしてみては?

くすみを取り除くには、週に1度はピーリングを

お肌のターンオーバーは28日と言われていますが、年齢とともに老化角質が自然と剥がれ落ちなくなり、ターンオーバーの周期は年齢に等しくなります。例えば40歳なら40日、50歳なら50日に。
週に1度はピーリングやゴマージュを使っていらなくなった角質を取り除きましょう。
年齢肌になると、脂っぽくないからといって角質ケアを怠ってしまいがちですが、くすみを取り除くには必ずと言っていいほどしていただきたいケアです。
顔はもちろんですが、身体の肌もバスタイムを利用して行うことをおすすめします。私は顔も身体も使える、エステの業務用化粧品ハノンのピーリングを使っています。

日焼止めはその日の予定で使い分けて

フェイス・ボディ両用の日焼け止め・BBクリーム・UV下地などアイテムが様々で何を使おうか迷ってしましますよね。
ちなみに、私は1日のほとんどをサロンで過ごし、日中の外出は週に2~3度ぐらい、車と徒歩半々ぐらい。朝はベランダに少し出る程度。アウトドアでのスポーツはしていなく、たまに屋外に1日外出している・・・くらいの方は参考にしてください。

ルナソル UVプロテクター

普段はいつ屋外に外出するか分からないため、顔にはルナソルのUVプロテクターを使用。体には出かける前に同じ日焼け止めを塗ります。こちらはSPF50・PA++++なのに、みずみずしい使い心地でフェイス・ボディ兼用のものです。
日焼け止めは、少なくつけるのはご法度です。例えばお顔なら500円玉位必要です。
この日焼け止め、成分の充実度に比べお値段が3500円とリーズナブルなのも良いですよね。惜しみなくたっぷりとつけていただきたいので。
また、日焼け止めは、肌に潤いがないとマットについてしまい、肌荒れが目立ちますので顔も体もスキンケアで保湿が大切です。
特にお顔はマットになるのが嫌なので使い方に気をつけています。
肌荒れが気になる日はクリームマスクで保湿してからスキンケアします。
最近はローションマスクよりクリームマスクが便利ではまっています。ながら美容に、ローションマスクだと貼がれるのが気になりますから。ホントに時間がないときは朝食を食べる間もつけたままです。(お行儀悪いですが)
こちらも、ハノンのものを使っています。

肌の状態でパック→スキンケア(化粧水・美容液・クリーム肌の状態でオイルを少々)→日焼け止めクリーム→化粧下地→クリームファンデーション→Tゾーンのみ粉
クリームファンデは以前ご紹介したシュウウエムラのエマルジョンタイプのものを使用しています。
私は日焼け止めがボディ・フェイス兼用のものが良いので、プラス化粧下地を使っています。
シュウウエムラの「ステージパフォーマーグロークリエーター」という化粧下地です。潤いと艶を与えるものです。
SPF12・PA+と紫外線カット効果は少な目です。
SPFはアイテムが増えても足し算式に効果は増さないので、日焼け止めをしっかりベースに使っています。
紫外線カット効果も高く、艶もでて、メイクの持ちもよい、全てを兼ね備えたUV下地はなかなかありません。それでも、去年はSPF50のクッションファンデを使っていましたが、やはり肌荒れとノリや持ちが気になったため、今年はひと手間かけてベース作りをしています。そのため、お化粧直しはリップを塗り直すぐらいでほとんどしません。

左:シュウウエムラ
ステージパフォーマー
グロークリエーター
右:ディオール
スキンヌードBB

オフの日で殆ど外出しないときはBBクリーム。ディオールの「スキンヌードBB」を使っています。みずみずしく艶のある仕上がりです。SPF25・PA++です。
屋外に外出するときは日焼け止め + BBクリーム(同じもの)を使用しています。
マットになるのが嫌でなかったり、お肌がオイリー気味の方でしたら、SPF50・PA+++のBBクリームもおすすめですが、私はマットになってしまうため、日焼け止めとBBクリームの両方を使ってます。身体は出かける前に塗り、外出先でも数回塗り直しを。

目や唇・髪も気を付けて

顔や体の対策はしっかりしているのに見落としがちな目、唇、髪。
髪は日傘や帽子または、スプレータイプの日焼け止めを。
唇はUV入りの下地を。私は以前ご紹介した、ルナソルのUVリップベースを使っています。
目はサングラスやメガネで紫外線カットを忘れずに。