前回に続き、台北旅行記、体に良い食べ物、美味しいものを中心にお届けします。
薬膳の本場台北では、街中の食堂や屋台から漢方の独特な香りが漂ってきます。薬膳スープや漢方スイーツの専門店も珍しくありません。
私が一番楽しみにしていたのが、「火鍋」です。火鍋の中には薬膳火鍋があり、漢方がたっぷり入っているスープが美容に健康に良いと、日本でも、ずいぶん見かけるようになりました。私は特に、麻辣火鍋が好きで、辛いのですが、漢方がたっぷり入っているスープはコクがあるのに、食後はすっきりする薬膳スープです。

長白小館

火鍋

今回は、日本では食せない火鍋に行こうと思って探したのが、「長白小館」。中国北部の名物料理である白菜の漬物、酸菜を使った火鍋の老舗です。
スープは台湾の特徴的な酸菜火鍋スープです。その中に発酵した酸っぱい白菜と豚バラ肉、氷豆腐、春雨が入ったシンプルな鍋です。
早目の夕食だったので、3人で一番小さいサイズを頼みましたが、お肉は豚、ラム、牛肉の中から2種類選べて、今回は豚とラムをチョイスしました。お肉は十分な量でしたが、酸菜(酸っぱい白菜)が足りずに、追加注文しました。
つけだれはセルフサービスになっていて、練ごまをベースに、にらソースやニンニク、酢、醤油などを合わせます。薬味は青ネギと香菜は取り放題です。
お店の雰囲気も味も、とてもローカルです。本場の味付けで、観光客向けにアレンジもされていないので、かなり好みのお味でした。豚バラの脂と酸菜、香菜がとても合うんですね。いくらでも食べれてしまう、癖になるお味で、酸味も香菜も大好物な私には、大満足でした。
が、白菜がかなり発酵していますので、発酵しすぎたキムチなどが苦手な方には不向きですし、香菜が苦手な方にはあまりお勧めできません。好き嫌いがはっきり分かれる火鍋だと思います。
美容的には、豚バラのコラーゲンに練ごまもたっぷり摂れますし、酸菜のクエン酸と香菜が食欲を促進させ、たっぷりいただいても、後味すっきり。むし暑い台北にぴったりな火鍋です。

香菜(=コリアンダー)

漢方でも薬効が強く、解表(体表を開き、外から入ってきた邪気を発散させる)効果があり、デトックス効果の高い野菜です。消化液の分泌を促進し、夏バテなどの食欲不振にも効果的です。
タイやベトナムなど東南アジアで食されるのも納得ですね。

ここのお店、締めのラーメンやごはんなどの炭水化物はメニューにありませんでした。
見落としたのかもしれまんが、日本語も通じないのでサイドメニューのネギ餅のようなものを注文しましが、こちらは私達の口には合いませんでした。

▼ 長白小館(チャンパイシャオグァン)酸菜白肉火鍋専門店

  1. 国父記念館駅より徒歩5分
  2. 営業時間11時30分~14時・17〜21時
  3. 定休日 月曜
  4. 中鍋(3~4人前)NT$1380(注文したのは小鍋)

※前回ご紹介したかき氷のアイスモンスターが近くにあります。食後におすすめです。

また、今回約10年ぶりに訪れた台北でしたので、小籠包で超有名な「鼎康豊」台湾料理の名店「欣葉」で王道な台湾料理をいただき、観光スポットも「九フン」「龍山寺」のメジャースポットにも行って来ました。

▼ 九フン

九フン1
九フン2
九フン3
九フン4
九フン5
九フン6
九フン7

▼ 龍山寺

龍山寺1
龍山寺2

鼎康豊

鼎康豊1
鼎康豊2

「鼎康豊」は行列必須で待ち時間が長いので、今回は、九フンのツアーにセットになっていたものを選んだのですが、結果、鼎康豊に行くのは私達のみでしたので、フリーで行ったのと変わりませんでした。少し、お値段が高めだとは思いますが、ガイドさんが順番待ちをしてくれるので楽でした。単品メニューではなくコースになりますが。
小籠包以外にも、チャーハンや酸辣湯がとても美味しかったです。日本の支店とは味が違います。

▼ 鼎奏豊(ディンタイフォン)本店 小籠包超有名店

  1. 信義路
  2. 営業時間10時~21時(土日9時~)
  3. 定休日 なし

欣葉

ワタリガニのおこわ

ワタリガニのおこわ

タケノコのサラダ

タケノコのサラダ

豚の角煮

豚の角煮

切り干し大根の卵焼き

切り干し大根の卵焼き

「欣葉」は、私的にはTHE台湾料理のお店で、昔父が健在の時に、家族で通った懐かしいお店です。今では、ずいぶん有名店になり、支店の数も増えていてびっくりです。
ここで絶対にはずせないのが、「切り干し大根の卵焼き」です。日本人なら誰でも好きな味と言えると思います。また、今回は食べられなかったのですが、「カキの炒め物」絶品です。小さ目のカキとネギを炒めてあるのですが、ご飯がすすむ味です。実は、数年前から、カキアレルギーになってしまい、食べれなくなってしまいました。とても、残念なのですが、味だけはもう10年も前ですが、しっかりと覚えています。
今回は、他に「豚の角煮」「タケノコのサラダ」「ワタリガニのおこわ」「ハマグリのスープ」をいただきました。
タケノコのサラダはお店の人に勧められて注文しましたが、茹でたタケノコにマヨネーズベースのディップが添えられたものです。日本にはない味でした。
「ワタリガニのおこわ」
はガイドブックによく掲載されているおすすめ料理です。こっくりとして美味しかったです。

▼ 欣葉(シンイエ)本店 台湾料理店

  1. 中山國中駅から徒歩10分
  2. 営業時間11時~24時
  3. 定休日 なし

その他のエリア

菊花茶

菊花茶

糖村

糖村

「油化街」というエリアには、漢方薬や乾物の問屋が立ち並んでいます。今回台風に当たった日に行ってしまったので、ほとんどのお店が閉まっていてあまり買い物ができませんでしたが、唯一購入した菊花茶をお土産と自分用に。

菊花茶

中国では生薬、日本では漢方です。
めまい、眼の疲れ、解毒、消炎、鎮静作用、高血圧などに効果的です。

日頃お世話になっている方へのお土産として選んだのが、「糖村」。美味しいパイナップルケーキのお店として掲載されていて、たまたまホテルの近くにお店があったため、1度パイナップルケーキを購入してホテルで試食して美味しかったので、最終日に再度購入しに出向きました。
パイナップルケーキだけでなく、ヌガー、クッキーなどの焼き菓子も多数揃っています。
カフェも併設されていて、ケーキもあります。洗練された素敵なお店でした。
パイナップルケーキは賞味期限が短かったため、お土産用にはクッキーを購入しました。
お土産としても有名なパイナップルケーキですが、美味しいものは、やはり専門店で購入するべきです。味が全然違います。また、専門店のものは賞味期限も短いので、すぐに渡せる方専用ですね。パイナップルケーキは購入した当日が一番おいしかったです。

▼ 糖村(タンツン)パティスリー

  1. 忠孝敦化駅から徒歩3分
  2. 営業時間9時~22時
  3. 定休日 なし
  4. 台中のパティスリーが出店したパイナップルケーキの有名店です。
  5. 台北101のお土産コーナーの一角にもありました。

台北ではあまりケーキなどのスイーツが美味しくないと噂には聞くので、ここのケーキ食べてみたかっのですが、試食用のヌガーをいくつもいただいたのと、朝食後すぐということもあり、断念しました。台北でスイーツと言えば、かき氷と同様によく食されている、豆花や愛玉子ゼリー、蓮子や白木耳のあったかデザートなど。見た目は地味で、いかにも身体によさそうなスイーツがたくさんあります。ぜひ、次回はこちらも食べてみたいと思います。日本からも近く、さらに空港からのアクセスが便利な台北は、海外旅行の移動の疲れを感じさせない快適な旅でした。