前回の気滞・水毒に続き、「血於」についてお話ししたいと思います。

血於とは

血の巡りが悪くなり、必要なところに血が巡らなくなってしまった状態のことです。
ちなみに「於血」とは、血が滞った結果、血が鬱滞したことを言います。

こんな症状です

生理痛がひどい・経血の色が暗赤色、レバーの塊のような経血がある・排卵痛がある・
首や肩こりがひどい・背中がパンパンに張る・肌のシミやくすみが気になる・サメ肌・シワが増えた・温まりづらく冷えやすい・あざができやすく消えにくい・頭痛がひどい
etc

原因は加齢・運動不足・冷えなど

解消法

  1. 毎日の生活習慣を見直して
    運動で骨盤内の血流アップ

    このタイプの方は生理のトラブルを抱えている方が多く、骨盤まわりの血流が悪いので、軽めの運動や、日々の生活のなかで動く努力が必要です。
    骨盤内の血流を促進するには、じっとしていないことです。特にデスクワークで座りっぱなし、レジなどで立ちっぱなしの方は、こまめに動いたりする努力をしてください。また、市販されているよもぎパット・カイロなどを上手く活用して骨盤まわりを温めてください。

    下半身の筋力アップ
    下半身が冷えやすいのもこのタイプです。
    特に加齢により下半身の冷えが加速します。ふくらはぎや太ももの筋肉を使って下さい。
    日々のウオーキングや、階段の上り下りなど意識して歩くように。

    首を冷やさない
    外気の寒さで、後頭部から首筋が冷えると、首筋から肩、背中と血流が悪くなり、こりがひどくなります。ストールやハイネックなどで首を冷やさないようにしましょう。
    また、お休みの時、首から肩が思いのほか冷えています。ネックウォーマーや、タオル等で首元が冷えない工夫を。

    薬草ホットパット

    薬草ホットパット

    私は首、肩こりがひどいため、以前も紹介した「薬草ホットパット」を使っています。ホットパットをレンジでチンして首〜肩にのせています。朝晩急に冷えてきましたので、肩こりや首こりの方も多いと思いますが、冷えが原因のことが多いので、温めると良いですよ。就寝時や朝起きてすぐにも使えるので大変重宝しています。また、パソコンを長時間するときもよく使います。

  2. 食生活では
    ★薬膳で、黒色の食材は血液を増やし、巡りを良くします。黒豆・黒ごま・黒米・木耳・黒砂糖・プルーン・ブルーベリー・クルミなどです。

    ★さらに血液の巡りを良くするために、オメガ3と呼ばれる体内で作ることのできない必須脂肪酸を摂りましょう。
    アジやサンマなどの青魚・くるみ・エゴマオイル・アマニオイル
    など。

    エゴマオイルはエゴマの葉からできたオイルなのですが、私は韓国料理が大好きなので、エゴマが大好きで、スーパーで見かけるとよく購入し、サンチュの替わりにしてお肉に巻いたり、サラダやチャーハンに入れたりして食べるのですが。なかなか、いつも売っていないのが難点です。
    が・・・先日、川場にドライブに行ったら、「川場田園プラザ」でエゴマの葉に出会いました。そしてその後行った、「原田農園」でえごまドレッシングに出会いました。

  3. (株)尾瀬食品さんのエゴマドレッシングとくるみドレッシング

    (株)尾瀬食品さんの
    エゴマドレッシングと
    くるみドレッシング

    説明書きを読んでみたら、片品村はエゴマの産地だそうです。群馬県人なのですが、まったく知りませんでした。私的には身近にエゴマの葉の産地があるのは、とても嬉しい限りです。
    エゴマドレッシング、一緒に購入した新鮮なお野菜にかけて頂きましたが、こっくりしていて美味しかったです。えごまの葉の癖がダメな方でもいただける、まるでゴマドレッシングのような味つけでおすすめです。

    気滞・水毒・血於は1つの症状がでる方もいますが、ダブって出る方も多く、また、気候やライフスタイル、年齢などによっても症状が変わります。
    病気ではないけど、なんとなく調子が悪いのは、たいていこの3つの症状が当てはまりますので、ライフスタイルの見直しをしてみてください。

▲最近行った日帰り温泉
先日日帰りで、横浜の友人宅に行ったときの帰りに寄ったのが「こだま温泉」です。

こだま温泉

こだま温泉

関越道 本庄児玉インターから3分にあり、夜9時頃に立ち寄ったため、アクセスがよいところで選びました。庶民的な雰囲気で健康ランドという感じですが、露天風呂、内風呂、サウナも全て広々しています。
最近は日帰りで何処かに出かけても、必ず締めは日帰り温泉と決めています。必ず、お風呂にサウナと水風呂がついている施設を選びます。私的にはサウナと水風呂の交互浴をすると、疲れが抜けます。交感神経のバランスを整えるにもおすすめです。
自宅に着いたら、すぐ寝られますし、熟睡できます。また、翌日に体調が全然違います。

▲10月初旬にビーガン料理「あわたま」さんに、鍼灸師の友人と行って来ました。

あわたま

あわたま

あわたま
前橋市龍蔵寺313-12
027-233-2517
コースのみで、3800円
予約のみです。

ビーガン料理とは
菜食主義がさらに厳しくなったもので、肉、魚、卵、乳製品、はちみつを使わないお料理です。

 

この日いただいた料理を順番に 人参のムース・きのこのハーブサラダ・ゴボウ団子と青梗菜のクリームスープ・マイタケのカキフライ風・栗ご飯・洋ナシのクラングルアイスクリーム添え・コーヒーでした。

この日いただいた料理を順番に 人参のムース・きのこのハーブサラダ・ゴボウ団子と青梗菜のクリームスープ・マイタケのカキフライ風・栗ご飯・洋ナシのクラングルアイスクリーム添え・コーヒーでした。

人参のムース

人参のムース

きのこのハーブサラダ

きのこのハーブサラダ

ゴボウ団子と青梗菜のクリームスープ

ゴボウ団子と青梗菜の
クリームスープ

マイタケのカキフライ風"

マイタケのカキフライ風

栗ご飯

栗ご飯

洋ナシのクラングルアイスクリーム添え

洋ナシの
クラングルアイスクリーム添え

揚げ物もふくまれていたので、ボリューム満点、野菜だけとは思えない満足感でした。
特に、私はカキアレルギーに10年前からなり、ずいぶんカキを食していなかったので、マイタケのカキフライ風には感動でした。マイタケの中に海苔と擦った山芋を練ったものが入っていて、これがカキの磯の味を出しているのです。外側だけいただくと確かにマイタケなのですが、中身まで一緒にいただけばカキの味です。
たまには野菜だけのお料理を頂くのも、健康的で良いですね。ついつい野菜不足になりますから。また、季節が変わったら他のお料理もいただいてみたいと思います。毎回、違うお料理を出してくださるそうです。