今年は暖かく秋が長かったですね。そのせいか、あっと言う間に12月になってしまいましたね。今シーズンは暖冬だそうですが、12月となるとさすがに冷えてきます。北風が強くなり、寒気が流れ、乾燥しますので、お肌の乾燥が気になります。
特に群馬は、風が強くてお肌のダメージが大きく、以前、何かの番組で美肌ランキング最下位だったこともあり、最悪の環境なのです。
お肌の三大悪は

  1. 紫外線
  2. 乾燥
  3. 寒気


と言われています。

夏の外出には注意を払っている方も多いと思いますが、冬の寒い強風で晴れた日のアウトドアは最悪の環境なんです。

私は外気のダメージをとて も受けやすく、乾燥すると顔も体の肌がピリピリしてしまう、荒れやすい肌のため、若い頃はいろいろと悩まされましたが、今では仕事柄もあり、試行錯誤して荒れることがとても少なくなりました。しかし、冬の寒気や乾燥には、人一倍気をつけています。ちょっと油断すると、すぐファンデーションが載らなくなってしまいます。
健康なお肌の方でも気を付けていただくと、よりお肌が乾燥しなくなり綺麗になるのでぜひ試してみてください。

私的冬の乾燥対策

  1. クレンジングはお肌の状態に合わせて
    肌に負担が少なく、保湿成分が高めな、質の良いクレンジングを肌の状態に合わせて使い分けます。肌が荒れやすい冬場こそ、クレンジングに投資するべきです
    メイクの汚れを落とすために必要な洗浄力があるものでしっかり落としますが、余分な洗浄力は必要ないので、洗ったあとに潤いが残る、2イン1タイプのリキッドクレンジングのみをしています。ダブル洗顔が不要のものを使っています。
    肌がさらに荒れていてときはクレンジングクリームでやさしく落とします。冬はダブルクレンジングを殆どしません。洗顔を毎日すると乾燥してしまうので、いらない角質はピーリングやパックを使って、1週間~10日に1回位しています。入浴後すぐにすると、お肌に負担がないのでおすすめです。

    また、ミルクタイプは肌にやさしいとされていますが、私はクリームタイプが摩擦が少なくて好みです。
    また、ふき取りタイプのものは摩擦が痛いので使いません。
    最近ためして良かったのは、シュウウエムラのクレンジングオイルです。

    アルティム8 スブリム
    ビューティ クレンジングオイル

    シュウウエムラと言えばクレンジングオイルが有名です。肌タイプ別にクレンジングオイルが選択できます。私が使ったものは、乾燥が気になる肌質のもので、しっとりとした洗い上がりでお肌に負担がなく乾燥を防いでくれます。
    普段クレンジングオイルは使わないのですが、これはとても良かったです。洗顔いらずですし、冬のおすすめのクレンジングオイルです。

  2. 3秒以内に保湿
    メイクを落としたり、お風呂から上がったらすぐに顔にオイルを1滴なじませます
    冬はお肌のバリア機能が低下しているので、化粧水をつける前にすでに乾燥してしまうので、すぐにオイルをつけて人工の皮脂膜を作るようにしています。その後、化粧水をつけるかローションマスクをしたり、保湿パックを載せています。
  3. 鼻炎や風邪などで鼻水が止まらなかったりして肌荒れがひどいときは
    化粧品はつけずにワセリンを顔にべったり塗ってマスクでガードして休みます
    マスクでお顔を覆うことで、ワセリンが寝具につきませんし、マスクで肌が蒸されて一石二鳥です。
    最近ワセリンは、市販のものでなく、皮膚科で処方していただいたものを使っています。
    もちろん、市販されているものでも大丈夫です。
  4. 朝の乾燥がひどかったら
    マッサージクリームをたっぷりつけて軽くマッサージして血流を良くします。(ぬるま湯ですすいでから)
    マッサージクリームをたっぷりつけるのがポイントで、軽くマッサージしたらそのまま、5分~10分放置してパックのように使います。マッサージクリームは油分が多く、保湿成分も入っていますので、パックとしても代用できるのもが多いのです
    ただし、あまりチープなものは効果は期待できませんが。
    ティッシュでふき取とったり洗い流さずに、ホットタオルでお顔を蒸してからふき取ってください。
    乾燥したお肌がみずみずしくなりますので、すぐスキンケアをします。
    クリームの量を増やすよりも、断然化粧のりがアップして、お肌もしっとりします
  5. 肌のコンディションが悪い日のファンデーションは
    日常使いのファンデーションを使うと、肌の荒れが目立ちますので、艶っぽい保湿の高い下地を付けたうえにBBクリームを塗って、素肌っぽく仕上げて肌荒れが目立たないようにしています。さらに乾燥が気になるときは、下地にオイルを混ぜて油分をプラスして乾かないようにしています。
  6. 外気から肌を守って、紫外線対策も
    冬でもSPFの入った下地やファンデーションを使って、紫外線カットをゴルフ・スキーなど紫外線を浴びるスポーツは特にしっかり紫外線対策をしてください。顔はなるべく隠して外気に触れなくするのがベストです。
    私は、寒気と風が気になったらマスクをしてガードしています。また、マスクはひもの緩いタイプであまり肌に密着しないものを。女性・子供用の少し小さ目のマスクは肌に密着しすぎて、肌がこすれて肌荒れしやすくなるので、私は普通サイズを使っています。もちろん、顔の大きさによりますが(笑)
    リップをしっかり塗って、唇が摩擦で擦れないようにしています。
  7. 冬におすすめのリップ
  8. マキアージュ
    ドラマティックルージュ

    発売以来ずっと気に入って使っていますが、資生堂マキアージュのリップ乾燥しなくて良いです。唇に2秒程リップを押し付けてからつけると美容オイルがリップと一緒になじんでつくというものです。
    私は、赤系のリップが特に唇が荒れやすく、困っていたのですが、マキアージュのリップを使ってからはかなり荒れにくくなりまして、リピート中です。
    色のバリエーションもかなりあるので、いろいろと試しています。

    番外編

    Bijouna(ビジョーナ)拡大鏡

    (ビジョーナ)拡大鏡

    最近、目が悪くなったこともありますが、メイク用の置き鏡を買い換えました。鏡の周りにライトがついて、両面鏡で片面は5倍拡大になるタイプのものを
    裸眼でも、怖いくらい肌のあらが見えますので、細かいアイメイクやシワが気になるところのファンデーションのノリとか。
    明るいところに出たら、メイクがおかしかった経験って誰でもあると思うのですが。そんなことがないように、自然光が当たる窓際でメイクをしています。ドレッサーは使わずに、メイクボックスと鏡で、窓際の自然光が当たるところでメイクをしています。