春はおしゃれをして外出したくなりますね。
だんだんと薄着になり、デコルテが空いたファッションも多くなりますので、フェイスラインやお顔のむくみが気になります。
春は、上半身にトラブルが出やすいので、お顔がむくみやすく、肌荒れを起こしやすいのです。
身体がやせていても、顔がむくみやすい、顔に脂肪がつきやすい、2重顔が気になるなど、お顔が太ってみえると、せっかくのおしゃれも台無しです。
薄着になる前に小顔を目指してみませんか?

小顔対策は

  1. むくみ解消
    1. 塩分・糖質は控えめに
      どちらも、遅い時間に必要以上に摂ると翌日は必ずむくみます。
      夕食に味噌汁漬物お刺身など醤油を多くつける食事などは控えたほうがベストです。ラーメン・うどん・そばなども汁は飲まないように
      炭水化物も控えめに。お酒も糖質なのでむくみます。
    2. 翌日、むくみたくなかったら18時までに夕食を済ませる努力をして下さい。
      モデルや女優さんで撮影前日の夜は何も食べない。水も飲まず、翌日むくまないようにしている方が結構いらっしゃいます。
      私が大好きな韓国女優のキムナムジュさん、とてもスレンダーな体形なんですが、顔がムクミやすいらしく、前日は飲まず食わずに近い状態で翌日の撮影に臨むそうです。
      私はそこまでできませんが、翌日大切な用事があったら、18時までに食事を済ませ、ゆっくりお風呂か時間があればサウナに行き、たっぷり発汗してむくまないようにします。
    3. 寝るときは仰向けで。うつ伏せに寝ると水分が下に移動し顔に水分が溜まりむくみます。
      特に朝方下向きに寝ているとむくみがひどくなります。うつ伏せで寝てしまったら、水とお湯の交互洗顔で温→冷→温を繰り返し、むくみを解消してください。
    4. 生理前と生理中前半は努力してもむくむので、大切なおでかけがあったら、日程をずらすのをおすすめします。
    5. 起きてから、数時間が一番むくみ、動き出すとともに解消されるので、早めに起きて行動する。また、食後に昼寝などをしてもむくむので、気を付けて。
      お笑い芸人の小原正子さん、いつか雑誌の美容特集に載っていましたが、むくまないように、最悪は寝ないで撮影に臨むという荒業も。
  2. フェイスラインのもたつきと2重顎を解消
    1. 顔の水の出口は首筋です。首に近いフェイスラインは最も水が溜まりやすく、また同時に首の凝りでさらに詰まりやすくなります
      首筋につながる、首の付け根、耳の後ろ、デコルテ、腋窩(脇の下)のコリをほぐして、水の出口を開き流れやすくしてあげましょう
      そして、顔のツボ押しやマッサージをすることで流れます
    2. 定番のリファを使ってマッサージは習慣にしていただきたい一つですが、マッサージローラーを使わずにおすすめするなら、温感タイプのマッサージクリームです。
      軽くマッサージするとマッサージクリームが温まり、お肌の血流が良くなるという機能性を備えたものです。特にお肌の血流が悪い方にはおすすめです。
    3. パソコンやスマホで下向き姿勢が多い日は、たまに首を後ろに伸ばしストレッチして、2重顎が加速しないようにしてあげてください。下向き姿勢をしすぎると、太っていないのに2重顎になります
    4. また、も要注意です。あまり頭を高くして寝ると首が詰まったまま眠り、長時間同じ姿勢でいることで2重顎やシワが出来やすくなります
      頭が反るように、少し顎が上がって首が伸びる状態の枕を選ぶと良いです。バスタオルで自分の首の高さに合わせて枕にするのも良いと思います。
  3. 頬のまわりのむくみやこわばりを解消
    1. 頬骨の下を押すと痛かったら、老廃物が溜まっています。頬骨に沿って、鼻の横→耳まで3~4カ所ゆっくりとツボ押しをして老廃物を流してください
      口の開け閉めを大きくして、顎から頬のこわばりを取りましょう。

パオ

口から頬の表情筋を鍛えるのに、おすすめなのはパオ。MTGというリファを出しているメーカーで扱っています。筋肉を鍛え、こわばりも解消し、小顔を目指す便利なツールです
※3月の「顔のたるみ」と重なるポイントが多いので、気になる方は参考に!

☆春には緑の野菜と酸味を

春は緑の食材と酸味を

春は気温の上昇とともに、身体も上気し巡りが滞ります。偏った巡りを改善するために、陰陽五行論では、緑の食材と酸味を摂ることで、全身の巡りを高めると言われています

キャロットラペを春キャベツで

グリーンサラダやグリーンスムージーがおすすめなのですが、私的に最近はまっているのが、春キャベツ
お客様が便秘解消に冬からキャベツを毎食食べていると伺ったのをきっかに。
キャベツの前に春人参にはまり、毎食キャロットラぺをいただいていたので、同じ感覚で、キャベツを粗い千切りにして、オリーブオイル+酢+塩、コショウで味付けした私流キャベツラぺ。人参は時間を置かないと味がなじみませんが、キャベツはいただく直前にかけて混ぜればOKなので、さらに簡単です。緑のキャベツと酸味の酢が同時に摂れておすすめです。
春キャベツは苺と同じ位の糖度があるらしく、甘味があるのでサラダ向きですね。
ちなみに、酢はミツカンの「やさしいお酢」これがおすすめです。お値段がするワインビネガーやフルーツビネガーなどいろいろな酢を試しましたが、私は一番これが好きです。値段も手ごろでどこでも売っていますから。野菜の甘味がさらに感じられる程よい酸味で、酢が嫌いな方でも大丈夫だと思います。オリーブオイルの替わりにゴマ油でも美味しくいただけます。

★ベジタブルプレート&ハーブコーディアル

ベジタブルプレート

先日、鍼灸師の友人と「ベットフォードカフェ」に行き、ベジタブルプレートを頂きました。この日は他にもピザやパスタも頼みお腹一杯でしたが、ひとりランチのときにぜひ注文したい1品です。
野菜たっぷりの外食って本当に少ないんですよね。これは大豆?のミートボールやこの日はかぼちゃのグラタンやポタージュでかなりボリューミーな一皿でした。野菜だけでなくタンパク質も摂れて1皿でも大満足なプレートです。

また、このとき友人からいただいた「ロックス&トゥリーハーブコーディアル・ローズ」炭酸水で割ると美味しい。たまたまうちにあったグアバジュースを少し入れて飲んでみたら、これも美味しくて。最近のお気に入りです。甘酸っぱくて、スッキリした味わいです。ボトルも春らしくて素敵です。

ハーブコーディアル1

ハーブコーディアル2