前回に引き続き、お客様からあるよくある質問、ライフスタイル・ボディについて、お話しします。

Q1 足がムクミやすいのですが、普段気を付けることは?

デスクワークで1日座っていたり、立ち仕事で立ちっぱなしの方は、適度に動くライフスタイルの方に比べるとむくみやすいです。
足のむくみはリンパ管や静脈の流れが滞ることによって起こります。足は常に下にあるので同じ姿勢のままでいると、水や血液を上に押し上げるポンプ作用が衰えてしまい水分が下に溜まります。特にふくらはぎの筋肉は水を上に押し上げるのに必要不可欠です
高崎でサロンを始めてから痛感することは、歩かなすぎてふくらはぎにまったく筋肉がなくて足首のくびれがなくむくんで、脂肪がまんべんなくついてしまっている方がとっても多いことです。
東京のサロンにいたときに比べると、断然多いのです。(20歳から15年ほど東京在住)群馬県が、車社会で歩く機会がとっても少ないことが原因だと思います。
群馬に戻ってきてから、近くのコンビニに行くにも車で行くと言った友人との会話に驚いた記憶があります。

正しい姿勢でこまめに歩くこと

その日のむくみはその日に解消

  1. 逆立ちに近い姿勢をとる。5分でも10分でも。壁づたいに、腰から足先を上に上げて降りた水を戻す
  2. 下から上にリンパマッサージ
    ふくらはぎだけでなく、ひざの裏そけい部もほぐしてください。
    ひざの裏の真ん中に「委中」というツボがあります。足のむくみを解消する有名なツボです。腰痛にも効きますよ。
    そけい部はVラインのところです。下半身の水を最終的に回収する箇所なのでやさしくほぐしてあげると良いですよ。

Q2 全体的には太っていないのに足だけ太いのですが、細くなりますか?

足の指と床の間に隙間ができてしまうタイプの足の方、だいたい足が太いんです。指でしっかりと地面を踏んで歩けないので、足にかかる負荷が多くなり不必要な筋肉が発達してしまって、足が太くなるのです。テーピングで地面に指が浮かないようにしっかりと固定すると、足が細くなりやすいです。(この間テレビ「この差ってなんですか」でテーピング巻いていました)
足の裏への負荷のかけ方が変わると、歩き方がまったく違う。指も使って地面キックする感じで歩けるようになると、足の太さが、変わってきます。
テーピングはお近くの整骨院や接骨院で柔道整復師のいる診療所で巻いてくれます。
Q1のむくみにも当てはまるので、むくみケアもしてあげてください。

Q3 毎日の疲れが取れません。解消法は?

その日の疲れはその日のうちに
疲れには肉体的なものと精神的なものがあります。緊張していると、交感神経が優位になって、神経が興奮状態なので、疲れを感じないものです。
遊びや仕事帰りで遅くなったときこそ、その状態になるので、ゆっくりお風呂につかり心をリラックスして、神経が休まると体の疲労が出てきます。いい質の睡眠が摂れるので、面倒がらずに、ぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。

日中の15分位の昼寝は脳を休ませ、午後からの活力になるので、おすすめです。夜の睡眠の妨げにもなりません。認知症予防にもなるらしく、いいことずくめです。
頭と足を少し高くしてお腹の当たりが下がるように休むと、肝臓を休ませることができるので、昼寝はソファでするのも良いですね。肝臓が休まると、代謝もあがり疲れにくくなります

クエン酸を摂りましょう。
これから蒸し暑くなります。梅干し、お酢など酸っぱいものを積極的に摂って疲労回復を。

Q4 アンチエイジングのためにすることは?

「美は1日にしてならず」と言います。毎日の積み重ねです。

毎日鏡で自分の肌や体をチェックする。スマホで自撮りをしてチェックする。

外出先の鏡で自分の姿をチェックする。
など、太ったり、たるんだら、厳しい目でチェックして、ひどくならない前に戻す努力をすることです
太りすぎると体重計にものらなくなる方がほとんどです。目をそむけないで、毎朝、起きたらお手洗いを済ませて、体重計にのってください
30代からは、肌も体も老化は加速する一方です。年齢を重ねれば重ねる程努力しないと綺麗でいられません。
ただ、年齢とともにできるたるみやシワ、ボディラインの丸みなど受け入れて、あまりストイックになりすぎないことも大切です。
これにはちょっとしたエピソードが・・・
林真理子さんのエッセイで、黒おばさんと白おばさん、どちらが男性にもてるかと言うと、断然、白おばさんだそうです。
黒おばさんは、スポーツ大好きで、余分な脂肪がない痩せて、日焼けしている人。
白おばさんは、色白でどちらかというとぽっちゃりした体形の人です。どちらになりたいか、と言ったら悩みますが、本来目指すのは、ヨーロッパのマダムのような茶色おばさんだそうです。中村江里子さんや島田順子さんのような方です。なるほど!
茶色おばさんになるには、痩せすぎも太りすぎもだめ、お洋服が楽しめる体形でいることが何より大切です。イタリアンマダムのように、生足でパンプスがはけるようなおばさんが目標ですね。

5月に久しぶりにコスメカウンターに行きました。

初夏を思わせるような日差しが出てるくこの季節、メイクも夏仕様に気分を替えたくてディオールでコスメを新調しました。
購入したのは、夏色のリップグロスクリームタイプのアイシャドウフェイスパウダーリップグロウ

ディオール アディクトミルキー ティント

ディオール アディクト
ミルキー ティント
4,212円

ディオールスキン ヌード エアー グロウ コンパクト-限定品 フレッシュコーラル

ディオールスキン ヌード エアー
グロウ コンパクト -限定品
フレッシュコーラル 7,020円
ハイライトに使っています。

この中でもおすすめな2品を紹介します。

ディオール アディクト リップグロウ(コーラル色 3,888円)

ディオール アディクト
リップグロウ

ベストコスメにも選ばれたことのあるリップバーム。このリップ唇の水分量で発色するのでリップだけでも自然は血色が出ます。また、夏の紫外線カットにも。テクスチャーが固めなので夏のリップベースに購入しました。私はこのリップグロウのみでもつけたいのでコーラル色を。薄めの発色が良かったらピンクでも。

ディオール アディクト フルイド シャドウ(775エクスタティック 4,104円)

ディオール アディクト
フルイドシャドウ

夏はアイメイクもくずれやすいので、単色で持ちの良いクリームやリキッドタイプのシャドウが好みです。私は年間通して、ベージュ~ブラウンシャドウなので、今年はテコラッタ系のブラウンをチョイス。
今年ファションもテコラッタ色が大流行。目元にお洋服にポイントに使うと今年らしい雰囲気に。

デパートのコスメカウンター、やはり気持ちが上がります。ハイコスメブランドは、パッケージも高級感があって素敵ですし、色やテクスチャーもお値段なりの良さがあります。
最近はネットやドラックストアでコスメを購入すること多いと思いますが、(私も含め)たまには、ハイブランドで優雅な時間を過ごしコスメを選ぶのも、大人の女性としては必要なたしなみのような気がします。