東大門市場

NPH(南平和市場)

NPH(南平和市場)
1階、地下1階が
バック売場です。

2日目の朝は、前回閉まっていた東大門の「NPH」を訪れました。こちらは、バック卸売りの市場です。営業時間が深夜の12時?昼の12時なので夜は難しいので、朝行くことに。
残念ながら、欲しいバックは見つかりませんでしたが、卸売りなので客寄せが全然なくてゆっくり見れます。お気に入りのバックが探せれば、ラッキーです。お値段もお安く買えます。(全ての店が小売りはしていません)
朝の8時頃から行きましたが、朝からショッピングができるのも東大門の魅力の一つです。
最近、ロッテフットインやドゥーダなどのファッションビルは東京のファッションビルとあまり変わらないので、卸売りのビルに行くと、昔懐かしいソウルを感じられます。ウインドウショッピングに朝の散歩がてら訪れるのも悪くないです。朝食に「イサックトースト」のホットサンドをシェアして少し食べてからショッピングに行き、早目のランチと言っても10時前でしたが、「八色サムギョプサル」に。

八色サムギョプサル1

八色サムギョプサル1

八色サムギョプサル1

八色サムギョプサル2

ノーマル、ワイン、松の葉、ハーブ、味噌、カレー、コチジャン、高麗人参と8つの味を楽しめます。本店は新村にあります。
東大門店は24時間営業なので、不規則な時間のショッピングには助かります。

この日は午前中雨が降っていて、肌寒い日だったので身体が温まるごはんが食べたくて。ここのチゲはテーブルのコンロで煮るタイプなので、ポックンパ(韓国チャーハン)が作れます。今回は、雑炊みたいにしていただいてしまいましたが。
サムギョプサルは8種類・鉄板で焼くキムチに何種類もの葉野菜・魚介のチゲにご飯。3人で34000Wとてもリーズナブルです。お肉も厚みがあって美味しいのに、野菜もたっぷりなので、もたれる感じもなくて大満足でした。今回コストパフォーマンスナンバーワンのお店です。

東大門エリアは、タッカンマリについつい行きがちですが、こちらのお店ミリオレの裏にあり、ショッピングの合間には、便利な立地です。「イサックトースト」もすぐそば。
東大門でのお食事にこの2店は、かなりおすすめです。(イサックトーストは屋台ですが)
弘大にはカフェになっているのでイートイン出来ます。友人談によると、スタッフは若い男の子だそうです。他のお店はおばさんがやっています(笑)

イサックトースト

イサックトースト

看板の色が赤から白に変わっていました。朝は特に混んでます。

今回は、他の卸ビルには行けませんでしたが、「チーム204」もおすすめです。時間が20時~8時なので、私は夜サウナに行く予定が優先なので、行けなかったのですが。
靴の卸売りです。バックもあります。

 

南大門市場

南大門

南大門
2008年に放火され、長い復旧工事を経て
2013年に復元されました。

3日目の朝は南大門に。こちらはホテルから近いので散歩しながら朝食を食べに出かけました。南大門も朝から営業しているお店がいくつもあります。
「アクセサリー商街」はやはり卸専門ですが、小売りをしてくれるお店があります。たまたま日本人好みのヘアアクセサリーのお店があり、小売りをしてくれてラッキーでした。

また、小売りですが、「大都商街」は雑貨の宝庫です。以前は、食器を購入しましたが、今回はヘアアクセサリーやレースの小物、お箸を購入しました。小売りなので、お得感はあまりありませんが、所狭しといろいろなお店があり、探すと素敵な雑貨が見つかります。

大都商街1
大都商街2

他にも、韓国海苔など食品、食器、子供服、ペット用品などなど、日用品は南大門市場で揃います。
朝の散歩がてら、屋台でククスを頂き、ショッピングをしても11時位なので、時間が有効に使えます。今回、2日続けて朝からショッピングができて得した気分でした。

麻薬キンパツ

麻薬キンパツ
※ソウルナビさんより写真をお借りしました。

明洞や狎鴎亭やカロスキルに飽きたら、市場巡り楽しいですよ。東大門エリアにある、広蔵市場「麻薬キンパツ」超有名店ですが美味しいです。細海苔巻きで、ほんと病みつきになる味です。止めれないほど美味しいのでこの店名になったそうです。
また、ピンデトッ(緑豆チヂミ)も美味しいです。緑豆を擦って揚げているので、香ばしさがたまりません。玉ねぎの醤油漬けと一緒にいただきます。玉ねぎがアクセントになっていて癖になる味です。他にもローカルフードが盛りだくさん。食べ歩きが楽しい市場です。