1日のきれいは朝の過ごし方で

年齢とともに夜が苦手に朝早く起きられるようになると、よく言われますが・・・実感です。アラサーまでは完全夜型だった私も、40代~からは完全朝方、夜更かしはあまりできなくなってきて、今では(いつの間にアラフィフ世代に)早朝目が覚めることもしばしば。
私は自営で、サロンは隣室なので通勤時間がゼロなので、比較的朝時間は余裕があります。
1日を気分よく、快適に過ごす為に、朝時間をとても大切にしています。大したことではなく、ちょっとしたことの積み重ねなのですが、するとしないとでは大きな差が。良かったらお試しください。

朝の陽気を味方に

朝は太陽の光を浴びて、身体に陽気を取り入れると、身体がシャキッとして元気に過ごせます。(雨が降ってると気持ちが落ちるのはそのせいです)
東洋医学の陰陽論で、朝は陽、夜は陰に分類されますので、朝は活動的に、夜はゆっくりくつろぐのが自然の摂理なのです。
朝は、活動的に動いたほうが元気になるわけです。なので、ぼーっとせずに、次から次へと家事にメイクにどんどんこなします。

丁寧なスキンケアとメイク

マリアギャランのスキンケアとピュールのオイル

マリアギャランのスキンケアとピュールのオイル

前日の体調や食事で、肌がくすんでいたり、顔がむくんでいたり、肌トラブルは様々です。
アラフォー以上になれば、毎朝調子が良い、なんてことは殆どありません。
1日、自信が持てる肌と顔でいるために、スキンケアとメイクは時間をかけるしかありません
朝パックやマッサージおすすめです。(私は最近断然朝派です)メイクのノリが全然違います。
また、化粧水や美容液、クリームなどなど、1つずつ丁寧にお肌に伸ばしては閉じ込めるように覆って、丁寧につけるのがポイントです。テレビは朝からつけっぱなしなので、情報番組を観ながら、ゆっくりしています。ここで、適当に急いでつけるとメイクがすぐ崩れるので、時間がなくても、この工程だけは丁寧にしています。

ファンデーションも部分的に丁寧に伸ばし、最後に全体をなじませるようにします。
アイメイクもアイシャドウやアイライナー、マスカラなど一気につけず少しずつ何度も、重ねてつけるようにしています
。一気につけるとやはり持ちが悪いし、見た目もきれいではないので。
1日鏡を見なくても大丈夫な位、丁寧にスキンケア&メイクをするのがモットーです。仕事柄、汗をかきやすく崩れやすいですし、メイクを直す時間がないこともしばしば。気づいたら、ファンデーションが毛穴落ちしていたり、下瞼が黒くなっていたりしないように心がけます。メイクのノリが良いと、とても気分よく過ごせますし、メイクって男性のスーツやネクタイのような存在なので、気持ちをオンに切り替えるには最適なアイテムです。

今日のコーデは?と楽しむことも大切

私は仕事着を私服にしています。通勤がないので、制服にすると、私服を着ることがなくなり、センスが悪くなりますよね。日々、試行錯誤することで、センスは磨かれるものですから。スキンケアやメイクをしながら考えますが、服やその日の肌の状態に合わせて、シャドウやリップも考えます。
顔がぼやけていたら、赤やボルドーのリップをポイントにして、白っぽいトップスにするとか、顔色が悪かったら発色の良いチークに、色もののトップスにするなど、朝から、ファションやメイクを楽しむことにしています。気に入ったお洋服やコーデで一日を過ごすと、気持ちも上がりますし、汚さないように動作も丁寧になります

アイロンも大切

パナソニックの衣類スチーマー

パナソニックの衣類スチーマー
コンパクトで使いやすい

この夏に、アイロンを新調しました。スタイリストの大草直子さんが、使っていて便利というブログを見て、真似て買ってみました。今まで、アイロンは前の晩やオフにまとめて、かけていたんですが。
最近は朝にシフトしました。気候が不安定ですし、気分も朝になると変わるので、朝、着るものに、かけるようにしました。そのとき、このスチームアイロンはとっても便利です。ハンガーにかけっぱなしでも使えますし、プレスするときもアイロン台を出さず、ベットの上で済ませてしまってます。
 生地が薄かったり、ニット素材のアイロンも楽々です。年齢的にノーアイロンのTシャツはNGとの、ファッション記事を見てからはしっかりかけてます。肌が綺麗に見えないんですね。
アイロンで生地のシワを伸ばすって、顔のシワを伸ばしたり、気持ちをしゃきっとすることと同じなのでは。服のシワが気にならない方はきっと顔のシワも気にならないのでは?ないでしょうか。もちろん、麻素材のシャツにはアイロンはかけなくても良いそうで、麻の自然なシワは生かして着たほうが良いそうで、イコール、肌の自然な表情ジワを伸ばす必要がないのと似ています。