よもぎ蒸しで芯から温まりませんか?

よもぎ蒸しのシーズンがやってきました。
「冷えは万病のもと」「女性は下半身を冷やしたらだめ」とか昔からことわざのように言われています。冷えは予防が一番、冬を迎える前に、今から温活お勧めします。

当サロンで「よもぎ蒸し」は美容鍼と並び、お問合せナンバーワンです。
試してみたいけれど未経験の方、韓国で1度だけ試した方、継続して通われたことがない方が多いのです。そこで、詳しくよもぎ蒸しを知っていただきたいと思い、通っている方のリアルな情報をお届けします。

よもぎ蒸し

体質別に3種類のエッセンスからお選びいただけます。

冷え性
血液循環
デトックス

どんな方が通っているか?

  1. 不妊治療、妊活をしている方
  2. 生理トラブルの多い方(生理痛・PMS・生理不順など)、更年期障害が気になる方
  3. 冷え性・寒がりの方
  4. 虚弱体質の方(胃腸が弱い・疲れやすいなど)
  5. ダイエットしている方
  6. 身体の巡りが悪く、肩コリなどの凝りがひどい方
  7. むくみやニキビ気になり、デトックスしたい方
  8. 血流が悪く、目のクマが気になったり、顔色が気になる、乾燥肌の方

お悩みは様々ですが、下半身の冷えをお持ちの方がほとんどで、よもぎ蒸しで下半身を温めると、とても気持ち良いそうです。体が芯から温まりとても元気になるそうです。逆に体が温かい方は、一度体験されて熱すぎて続けられないとおっしゃいます。

効果は?

  1. 一番の効果は芯から温まり、血流が良くなります。続けることで、体温が上昇しますので冷えから来る疲れなどが楽になります
  2. 体温が36.5度になると免疫は5倍になると言われているので、免疫力がアップします。風を引かなくなった、疲れにくくなった、胃腸の調子が良くなったなどなど
  3. 生理のトラブルや更年期障害が楽になった。
  4. 汗をかきやすい体になった。
  5. よく眠れるようになった。
  6. むくみにくくなった。

などあげればきりがないのですが。

ペースや期間は?

  1. 不妊治療や妊活の方は週1回~10日に1回位の方が多く、特に生理前、直後、排卵前をポイントに通っていただきます。ペースは毎日していただいても大丈夫なので、週に2回位受ける方もいらっしゃいます。
  2. 人工受精や体外受精をしている方は、生理直後~排卵までに集中して通っていただき、受精後はお休み、というサイクルで通います。
  3. よもぎ蒸しをスタートしてから3年が経ちますが、長いお客様は3年続けている方もいらっしゃいます。
    初めの6か月位は週1回のペースで、その後は1か月に2回のペースで、時には1か月1回になることもありますが。
  4. 目的があり通う方も多いので、めでたく妊娠して終了される方や、ブライダルで終了の方もいらっしゃいます。
    また、冬になると通う方や、身体のお辛いときにいらっしゃる方と様々です。

一番多いのは、長く細く年単位でお通いになっている方です

よもぎ蒸し単品、他のコースと併用どちらが多いの?

  1. よもぎ蒸しを単品で受けられる方は、不妊治療中・妊活の方がほとんどです
    継続していると、鍼やマッサージなどに興味を示され、併用して受ける方も多くいらっしゃいます。
  2. 美容鍼やボディオイルマッサージ・鍼灸治療などをのメニューの前に、よもぎ蒸しを受けらる方が多く、特に、血流が悪い方は、よもぎ蒸しをしていただくと、温まるので筋肉が緩み効果が出やすくなります。また、よもぎスチームがアロマテラピー的な効果があり、施術中よりリラックスできます

よもぎ蒸しをはじめたきっかけは?

コラムでもご存知な方も多いと思いますが、私は韓国が大好きです。韓国式サウナ(チムジルバンや汗蒸幕)に入りに行くのが一番の目的で韓国に行っていますが、施設には必ず「よもぎ蒸し」があります。子宮を温めるという習慣があるんです。
東洋医学に興味を持ったのも、韓国がきっかけです。鍼や韓方(韓国の漢方)が、日本よりも身近なので、訪韓するたび、見たり、食べたり、試したりしていました。

鍼灸の学生だった頃、冷えにはいろいろな種類があることを知り、温めることの大切さを痛感し、よもぎ蒸しをサロンのメニューに導入しようと思ったのがきっかけです。