冷え性の方、ファッションを見直して

今年は秋を通り越して冬になってしまった感じで、冬が長いのでは?と思わせる気候ですね。早くも足の冷えがとても気になり辛い・・・というお客様が多数いらっしゃいます。間違ったファッションでさらに身体を冷やしている方が多くいらっしゃいまして、今回は温活ファッション編+乾燥対策アイテムをご紹介します。

スキニーパンツはNG

冷え性で、スカートやガウチョパンツなどは空気が入って寒い気がして、はかないと言う方がとっても多いのです。ですが、スキニーパンツぴったりしすぎていると逆効果です。下半身の血流は骨盤回り→太もも→ふくらはぎ→足先(動脈)と流れて、今度は逆に下から上に流れて行く(静脈)ので、お腹~太ももがぴったりと締め付けるスキニーパンツは、血流を遮断してしまうので、長時間履くと血流が悪くなり、冷えます
今年は、ゆったりしたラインのワイドパンツやロングスカートが流行っていますので、ボトムを替えるのがおすすめです。
私的は、最高に温かいと思うのは、ニット素材のワイドパンツ。私が履いているのは、しっかりとしたリブ網で裏地もついているフルレングスなので、とても暖かいです。
また、ロングスカートもおすすめです。こちらは下にいくらでも履きこめるので冷え知らずです。

タートルネックもNG

タートルネックもスキニーパンツと同様冷え性の方着用率高いアイテムです。室内は暖房が効きすぎていて暑いので、汗をかいてしまい結果冷えてしまうことも。首がゆるいものにするとか、着脱可能なものにするほうがおすすめです。

重ね履きも気を付けて

ガードル、ストッキング、タイツ、靴下・・・重ね履きをするときは、サポートの強くないものを。重ねると、圧迫が強くなりますから
特にタイツは、ウールやカシミヤ・綿混のタイツがゆったりしていて圧迫しません。
また、足先が寒くて、カイロを足裏に貼るのもNGです。汗をかいて結果冷えることに。足裏は温度に関係なく緊張すると発汗するので、つま先用カバーを履いてください。貼りたいなら、足の甲や足首あたりに。

温めるのは

手首、足首、首の3首と、お腹周りが基本です。
マフラーやネックウオーマー、手袋、レックウオーマー、腹巻など着脱可能なアイテムを上手く利用して、寒さはしっかりガードして、室内の暑いとこころでは取る様にして汗をかきすぎないようにしてください。

乾燥対策アイテム

ハウスオブローゼの入浴剤

寒くなると同時にひどくなる乾燥。
私が特に感じるのが、太腿の乾燥です。もちろん、ひざ下も乾燥しますが、太ももはひりひり痛くなるので、保湿必須なのですが。乾燥が加速するのがバスタイム後です。乾燥予防に入浴剤を、この季節は特に保湿効果の高いものを使っています。最近のお気に入りはハウス オブ ローゼの入浴剤です。

ロート製薬「ケアセラ」&WUAO「薬用ハンドプロテクトアンドケアクリーム」

また、ボディシャンプーとボディミルクはロート製薬の「ケアセラ」を使っています。低刺激なので、かぶれやすい肌にもやさしい使い心地です。
また、仕事柄、手が荒れやすいので、手荒れがひどい美容師さん用のWUAOの「薬用ハンドプロテクトアンドケアクリーム」を使っています。
また、夏に友人にプレゼントでいただいた生活の木の「オーガニックビューティーオイル」が指先の荒れにとても良く効くのでリピート中です。
まず指先~爪にオイルを刷り込んでからハンドクリームを塗って、荒れがひどいときは綿の手袋をして休みます。