★自律神経が乱れがち

冬→春季節の変わり目が1年で一番不調を起こしやすいのです
2月は寒さが厳しいですが、暦では春です。冬の終わり(2月)から春の始め(3月)が季節の変わり目にあたります。
個人的にも一番この季節が嫌いです。花粉症がひどくなる季節ですし、服装を間違ってしまって体温調節がうまくいかなかったり、やる気が起きなかったり、肌荒れがひどくなったりと、気になることは数え切れません。
寒暖の差が激しく雪も降りやすい、朝晩の気温差が激しい、風邪が強いなど、不安定な気候に身体の体温調節機能がついていかなくて自律神経が乱れてしまいます。全身に心に数え切れないほどの不調の症状が出やすくなるのですが。

★代表して女性が気になる症状をあげると

  1. 頭痛、頭重、ドライアイ、目の疲れ
  2. 肩こり、腰痛、背中の張りなど
  3. 便秘、下痢、胃の不調
  4. 睡眠障害
  5. めまい、耳鳴り
  6. 生理不順、生理痛
  7. 肌の乾燥、肌荒れ、かゆみ
  8. 多汗、汗をかかないはどの発汗障害、冷え、のぼせ
  9. 倦怠感
  10. むくみ

など、他にもたくさんの症状があります。自律神経の乱れは不調のオンパレードです。

★自律神経を整えるための具体的な対策は

毎日の服装は入念に、天気と気温をチェックしてからその日のファッションを決める

この時期に体調を崩しやすい方、今年は天気予報をしっかりチェックして服装に気を付けてみてください。身体が寒暖の差についていかなくなり自律神経が乱れるので体温を調節する服はとっても大切です。冷え性の方のお話しを伺うとほとんどの方がファッションから冷えを引き起こしていることが多いのです。
私は仕事柄、室内は裸でもいられる位の室温なため、室内は暑い、外は寒い寒暖差が激しく服装にはかなり気を使います。なので着脱可能な重ね着で温度調節をしています。怠ってしまうと、暑すぎて汗をかき、結果冷えて体調を崩す原因になります。
また、天気チェックは必ずします。Googleで1日の気温の変化もチェックしています。これを始めてから、どこに出かけるにも失敗がほとんどなくなり不調を防げています。行先の天気と気温をGoogleでチェックできるので助かります。

汗をかく

何度もお話ししているのでしつこくてすいません。汗は自律神経が支配していますので発汗することがとっても大切です。
特に寒暖差が激しいこの時期は、身体の体温調節機能がうまく働かなくなってしまいがち、運動やお風呂、サウナ、岩盤浴などでたっぷりと汗をかいていただくことを強くおすすめします
個人的に大好きなサウナもとってもおすすめ。サウナ→水風呂を何度も繰り返していただくと血管が拡張→収縮と繰り返すので結果、自律神経が整います。お風呂も同じで、日帰り温泉施設に行ったら、お風呂→水風呂を繰り返してください。

リラックスが効きます

普段よりリラクゼーション効果の高いことをして、自律神経の副交感神経を刺激しましょう。心地良い音楽を聴く・温泉・アロマテラピー・瞑想・ヨガ・マッサージ・エステ・鍼灸すべて副交感神経が優位に働きます。
ポイントは目を閉じてリラックス、気持ち良くても熟睡しないこと、うつらうつら気持ちいいと感じるくらいの浅い眠りが一番リラックス効果が高いのです
いつも爆睡してしまっている方は要注意。

ククナイプバスソルト「ユーカリの香り」

私はバスソルト大好きで特にクナイプのバスソルトは長年愛用しています。天然岩塩+エッセンシャルオイルで作られているので、発汗促進+アロマ効果でこの季節におすすめの入浴剤です。
特に花粉症の方におすすめなのが、「ユーカリの香り」喉や鼻をさわやかに特に花づまりの時に爽快です

※花粉に症効くアロマオイル
ユーカリ・ティーツリー・マートル・ローズマリー 
アロマオイルをティッシュに垂らして枕の下に置いたり、マスクに使ったりしてもOKです。

ククナイプバスソルト「ホップ&バレリアンの香り」

クナイプバスソルト「ホップ&バレリアンの香り」質の良い睡眠を促します。自律神経を整えるのにおすすめ。

クナイプバスソルト「スイートバイオレット&マグノリアの香り」

クナイプバスソルト「スイートバイオレット&マグノリアの香り」マグノリアのお花はまず店頭に並ぶことはないそうで、私もサロン名につけたものの、実物を見たことがなく、もちろん香りも知らなかったのですが、ドラックストアでこのバスソルトを発見してすぐ買ってしまいました。こちらもローテーションで使っています。お花畑にいるような香りで癒されます。
※使いかけのバスソルトがあまりきれいではないため、クナイプさんのHPより画像をお借りしました。

季節の変わり目を上手く乗り越えて、春には身体もお肌も健やかに綺麗になるために、今から気を付けてみてください。