「フローフシ LIP38℃」

フローフシ LIP38℃

フローフシ様㏋より画像をお借りしました

個人的に、本格的に寒くなってくると一番荒れるのが唇です。秋には調子良かった口紅も冬には乾きすぎて使えないこともしばしばですが、今年は「LIP38℃」に出会い、コンディションがまずまずです。と言っても使えないこともあるのですが、かぶれやすい私にとってはかなり調子が良いのでご紹介したいと思います。
発売前から話題になっていましたので、秋に発売したときは完売続きでなかなか購入できませんでしたが、1か月前位にやっと購入して使っています。
38℃の唇が理想というコンセプトに合わせて、個人個人の唇の温度に合わせて5種類のリップが選べます。私は+3℃を使っています。

フローフシ LIP38℃

フローフシ様㏋より画像をお借りしました

また、保湿ケアだけでなく、唇そのものに潤う力を上げるために潤い菌と呼ばれる乳酸菌ラ・フローラを配合しています、使い続けることで乾きにくくなるとのことで、期待してひたすら毎日使っています。

マリアギャラン アンフィテオーズマスク フォワーコントゥルデジュ95

また、特に荒れがひどい日には、目元、唇専用のマスク「マリアギャラン アンフィテオーズマスク フォワーコントゥルデジュ95」を使用。
さらにひどく痒みやヒリヒリ感が出てかぶれていたら、皮膚科で処方されたお薬をつけてさらいワセリン(皮膚科でいただいたもの)を塗って保護しています。
また、リップベースには秋から継続している「ディオールアディクトスクラブ&バーム」を、ベースがあるとないのでは荒れも全然違いますし、バームがとっても固いのでしっかりと膜をつくってくれるところがお気に入りです。

日中のお顔の乾燥対策には

お顔は年間定番の「SKⅡのCCクリーム」をメインに使っていますが、冬は外気からの乾燥を防ぐために、CCクリームフェイスパウダークッションファンデとつけて、1日中外気からの乾燥からお肌を守るようにしています。ポイントは、フェイスパウダーを間に入れることで持ちが断然良くなることです。また、上から載せるクッションファンデも大事で保湿成分がたっぷり含まれたしっとり、艶があるテクスチャーものを選ぶことです。ここでカバー力のあるセミマットなものを選ぶと、一気に老けて見えるで乾燥肌の方は要注意です。
私は秋からは韓国ブランドの「CLIO NUDISUM」を使っています。秋に旅行に行ったときにセールでついでに購入しましたが、艶がとってもありしっとりして今の季節にはマストです。

CLIO NUDISUM

「CLIO NUDISUM」クッションファンデーション

韓国のメイクアップアーティストブランドです。お値段が手ごろなのにクオリティーが高い。他にアイシャドーやブラシも一緒に購入しましたがお値段以上の仕上がりで大満足です。

全般的に韓国ブランドは艶ぽい仕上がりのものが多いのですが。日本でクッションファンデを選ぶときは、仕上がりがかなり艶っぽいものを選ばないとマットに仕上がる傾向がありますので、しっかりと試して購入するのをお勧めします。
また、フェイスパウダーはほんとに少量で、大き目なブラシにとってつけないと、マットになりすぎますので気を付けてつけてくださいね。