漢方で肌質改善

漢方

2月4日は立春、暦の上では春ですが、まだまだ寒さが続き乾燥・肌荒れに悩む方も多いのではありませんか?また、中旬を過ぎれば花粉の心配もちらほら、ゆらぎ肌の季節にもなってきますね。
コラムでもお話ししていますが、私は、去年の夏から肌荒れがひどく顔のあちらこちらが赤くただれたようになり、皮膚科のお世話になっています。いったんは良くなっても、薬で肌質は変えられないので、生理前になると再発したり、疲れが溜まるとひどくなったりと繰り返していたため、アレルギーの薬と併用して漢方の温清飲(ウンセイン)を飲み始めました。1瓶終わる頃から効果が!ひどかったかぶれや赤味が落ち着いてきて、これは良いと思い3瓶継続したら、肌も落ちつき普段通りに戻りました。
が、去年12月位から、ホルモンのアンバランスや疲れ、寒さ、乾燥が重なり、また症状が再発して、あわてて1月から飲み始め約1か月になりますが、完全に良くなりました。
と私の体験談が長くなってしまいましたが、体質があっていたらとってもおすすめの漢方です。身体の表面に熱がこもり炎症を起こしている状態で表面の熱を散らしてくれる効果があります。

 

ウンセインN

小太郎漢方製薬「ウンセインN」は錠剤なので飲みやすいです。私は顆粒が苦手なのでとっても助かっています。

温清飲(ウンセイン)こんな方におすすめ

  1. 足元が冷えるのに、顔がのぼせる・更年期障害・生理不順、生理痛など生理トラブルがある方で下に書いたような肌トラブルがある方
  2. 肌の艶がなくて乾燥する
  3. 皮膚科に通うレベルのかぶれや赤味、乾燥が気になる
  4. しつこい肌荒れに悩んでいる

デリケートスキン用ホームケア ラフォーレの「カルメージ」

漢方

また、半年前からはデリケートスキン用コスメを使っています。こちらはとっても地味な感じのパッケージなので、ラグジュアリー感は全くないのですが、本当に安心して使えるスキンケアです。
季節の変わり目、ストレスや不規則な生活が続いている、今使っている化粧品が滲みたり赤味が出る時には、デリケート用スキンケアをお勧めします。
ローション→エッセンス→エマルジョン(クリーム)のスリーステップでとてもシンプルです。デリケートスキン用のコスメはどのブランドもシンプルステップです。
肌が落ち着いても、4月頃まではトラブルが出やすい季節なので、気候が安定するまでは当分使い続ける予定です。
冬の荒れ肌にこれからの花粉症の季節に、肌がデリケートに傾いているかなあ?と思ったら、デリケートスキン用に早目に切り替えてみてください。
私が使用中の「カルメージ」はサロンで販売しています。興味のある方はお声をおかけください。