歳を重ねても素敵な女性とは

バーグリルチェント

会場はバーグリルチェント

3月と言えばオケージョンシーズン。先日私も、テーブルコーディネートの卒業パーティーに行って来ました。
お稽古とは言っても、先生のお宅で素敵なテーブルセッティングの中、お手製のお料理をいただきながらお喋りをするスタイルなので、毎回伺うのが楽しくて気づけば14年間も通ってしまいました。今回、教室をクローズすることになり、多くの生徒さんから惜しまれながらの卒業式となりました。
春らしいイタリアンのコースをいただきました。

  • イタリアン1
  • イタリアン2
  • イタリアン3
  • イタリアン4
  • 先生がセレクトしたお花

    テーブルには先生がセレクトしたお花が

  • ミニコンサート

    食後にはミニコンサート

  • ハンカチ

    最後には先生から一人一人に
    プレゼントを頂きました。
    春らしいハンカチでした。

大勢の生徒さんが集まり、お稽古の思い出話を語りながらの楽しい宴となりました。

 
長年通ってしまったのには、やはり先生の素敵なライフスタイルにあるの一言です。季節やお料理に合わせたテーブルセッティングはもちろんですが、玄関のディスプレイや
お花の生け方、ヘルシーな手料理などなど、見習いたいことが盛りだくさんでした。
沢山の素敵な想い出の中でも、記憶に残っているエピソードが。
 
先生が一番好きな色はグレーだそうです。当時30代だった私はなんて地味な色が好きなんだろうと思ったのですが、グレーってセンスが問われる色なんですね。地味にも華やかにするのもコーディネート次第、どんな色でも合わせることが出来て。
今回のパーティーでも先生のファッションはオールグレー。ちなみに先生はシニア世代、下手すると老けて地味にみえてしまいがちですが、上品で華やかさもありとってもお似合いでした。地味にならず華やかなのは、お肌やヘアに艶があることや、姿勢、表情の豊かさや、言葉使いなど、内面から滲み出るオーラを兼ね備えているからと痛感。
何年経っても好きな色がぶれないところもとっても素敵です。流行や人に流されず、好きなものを自分らしくコーディネートすることを、先生から教えていただいた気がします。
こんな風に年を重ねていきたいと、真似したくなる素敵な女性です。