釜山1日目

今回の旅の目的は、足りなくなってきたコスメの調達と、美味しい海鮮料理とサウナ。極寒のソウルを避けて、少し温暖な釜山でのんびり過ごせればということで計画しました。お昼を空港で頂き、午後便で釜山へ、ホテルに着いたのは18時頃。

まずは夕食に、釜山に来たら食べたかったNO.1のナクチポックンを頂きに「ケミチブ」西面店に。ソウルの激辛タコ炒めではなく、釜山はピリ辛の鍋風です。
タコとエビ、ホルモンが3種類入ったものが一番人気とのことでこちらをオーダーしました。
火をつけて数分、店員さんが何度かかき混ぜに来ます。ぐつぐつと赤く美味しそうな鍋が出来上がりました。

ちなみに煮る前はこんな感じ

そのまま頂いても美味しいですが、ご飯にかけて、にらのナムルと韓国海苔をかけるとさらに美味しい。ピリ辛で海鮮の味がしっかりと感じられる病みつきになるお味でした。辛さは3段階あります。辛さがそんなに得意ではない母が一緒だったので、真ん中の無難な辛さにしましたが、1番辛くても良かったかな。
お値段も、一人 1,000円ぐらいでとってもリーズナブルでした。
お店は24時間営業、小さいお店なので待ちましたが回転が速いです。

食後は西面エリアを探索、ロッテ百貨店や駅、西面市場をチェックし、地下商店街から帰ろうとしたら、「CHICOR」の看板が。CHICORはトレンドなコスメセレクトショップ。西面店は12/21にオープンしたばかりだそうで。

後で調べれば釜山にはCHICORは2店舗のみ。翌日センタムシティまで足を運ぼうと思っていたので助かりました。更に隣は、「オリーブヤング」なのでコスメ好きには便利なスポットです。場所がホテルから近いことが分かったので、下見をしてホテルに戻り、大浴場に行きサウナでゆっくりと過ごして初日は終了しました。

今回のホテルは西面の「ソラリア西鉄ホテル」今回のホテル選びの基準はダブルルームのシングルユースのお値段があまり高くないことと、サウナと大浴場が付いていること。相変わらずホテルは寝るだけと割り切っていますが、一度リーズナブルすぎるホテルに泊まったら、殆ど眠れなかった辛い経験があるので気を付けています。
広くはありませんが、使い勝手の良い清潔感あるお部屋でした。

フロントにはツリーがまだ飾られています。韓国は旧正月まではツリーを飾ってるのでしょうか?所々でツリー発見しました。

2日目に続く

大好評マリアギャラン96Aクリームを使った超保湿パック

昨年、ご案内した洗顔後にすぐ使うファーストクリーム96A、サンプルをお渡ししたお客様からのリピートが大変多く大好評を頂いております。

私も、今シーズンはこのクリームのお陰で肌荒れ知らずで大変助かっています。冷たい外気や効きすぎた暖房で乾燥した日や、メイクを長時間してダメージを感じた日の夜などには是非、96Aを使ったパックをしてみてください。96A肌の扉を開くブースタークリームなので、シートマスクの前に使うと効果がぐんと高まります。年末の寒い日に1日外出してダメージを受けた肌に試してみたら、驚くほどしっとり、鎮静効果もあり、肌が蘇りました。

私はいつもド定番的なシートマスク、メディヒールNMFアクアアンプルマスクとセットで使っています。

やり方は簡単です。
洗顔後にすぐ、96Aをいつもよりも少し多めに塗り、その上からシートマスクを載せて放置するだけです。マスクにもよりますが15分程置いたら剥がして、クリームで蓋をして終了です。
シートマスクは少しさっぱりしていて冬には向かないようなものでもクリームの威力でしっとりしますので、引き出しの奥に眠っているシートマスクを使っても良いと思います。その時は、パック後のスキンケアには美容液やオイルをプラスして保湿を高めてください。
昨年に引き続き、96Aのサンプルお渡ししています。興味のある方は是非お試し下さい。