6月は盆と正月がいっぺんに来てしまったようなスケジュールで2回目の韓国に行って来ました。今年も恒例になったジャヨンミさんツアー3回目は、韓国の大邱と安東に。
大邱と言えば韓方。ドラマにもなった朝鮮時代の韓方医ホジュンの子孫の韓医院があったり、毎年韓方文化祭りが開催される都市で韓方がらみの施設が沢山あります。
今回は美活だけでなく、伝統文化にも触れた盛りだくさんの旅でしたが、美容鍼レポを中心にお伝えします。

美容鍼レポート

大邱韓医大学付属大邱韓方病院

今回美容鍼で訪れたのは、「大邱韓医大学付属大邱韓方病院」大邱一の韓方病院です。

四象体質診断と鍼灸治療またはカッピング美容鍼が選べましたが、私は美容鍼を選択。
ツアーでしたので6名時間差の施術になりました。通訳の方がついていますので言葉の心配はありません。

治療室

6名並んで受けられる治療室です。服は着たままです。

お灸

まずはお灸をお腹に置きます。お腹を温めると全身の血流が促進されます。また美容鍼で顔に多くの鍼を打ちますので、のぼせ防止の役割があります。

美容鍼

その後エステティシャンがクレンジングを行い、韓方医にチェンジ。まずは首肩をほぐし顔に美容鍼を打っていきます。鍼は首から頭も含め全部で30本位です。鍼を打ち終わると15分間置きます。

鍼は韓国製の太さ0.16㎜、長さ3㎜を使用しています。私が美容鍼で施術しているものと太さは同じ、長さは1.5㎜。韓国と鍼の打ち方が違うので韓国は長めが多いです。
また、30本位の鍼ですとこの太さが妥当だと思います。あまり細いと効果がないのが実感です。若干韓国の方が痛いかな?という程度です。これは鍼の差もあると思います。ちなみに、上のコースは日本製セイリンの鍼を使用しているそうでセイリンの鍼は痛みが少ないのでクオリティーに納得してしましました。
鍼を打つと、副交感神経が優位になり眠くなります。途中ウトウトしてしまいましたが、大音量のタイマーが定期的に成るのがとても残念でした。

シートマスク

15分後、鍼を抜きエステティシャンに交代。鎮静のマスクを載せしばらく時間を置いたら、さらに新しいマスクにチェンジ。美容成分のたっぷり含まれたシートマスクです。こちらはタイガーハーブの皮膚再生効果の高いシートマスクで病院オリジナルだそうです。

10分か15分更に置いて、スキンケアで仕上げ、日焼け止めとBBクリームをつけて終了です。

メニュー

今回受けたのは、微笑顔面針術(エコノミー)120,000W 60分のコースでした。ツアー料金に含まれていたのでこちらになりましたが、アラフィフの私は薬針と言って鍼から美容成分を入れる、プレミアム170,000Wが気になります。

微笑顔面針術

ちなみに体のコースはこちらです。四象体質診断は韓国独自の診断法です。日本はもっと細かく分かれていて正直ややこしいので分かりやすいのが特徴です。

四象体質診断

施術にしたシートマスクを購入してみました。美容鍼施術後10日位経ちましたが、肌は安定していて肌荒れすることもないのでまだ使っていませんが、鎮静、保湿効果が高かったので肌が敏感に傾いた時に使ってみたいと。

美容鍼の結果は、当日は顔のこわばりや凝りがほぐれた感じでしたが、翌日はリフトアップを実感。旅行中はタイトスケジュールで肌が荒れやすくむくみやすいですがスッキリ感がありました。ビジネスやプレミアムコースに体をプラスした全身コースをいつか受けてみたい。美容鍼は体をいじると効果がぐんとアップします。経絡は顔も体も繋がっていますので。
ちなみにこの工程は2日目の午後でした。

大邱1、2日目

CHICOR1号店

1日目午後、新世界百貨店CHICOR1号店でコスメハンティング。

アワビとひじきご飯

夕食は初日の旅の疲れにも優しい「アワビとひじきご飯」を頂きました。

西門市場

2日目午前は「西門市場」で高麗人参サプリなどを物色。

ユッケジャン

ランチは大邱名物「ユッケジャン」を、ツアーではなかなか訪れることができない隠れ家的な小さなお店で頂きました。

メニュー

午後は韓方コスメ「ハヌルホス」手作り石鹸を作り、出来立ての石鹸をお持ち帰り。
その後美容鍼を受けて。

メニュー

夕食は大邱名物「チムカルビ」を頂きましたが、辛い韓方の特製ソースが絶品でした。エゴマの葉を巻いて頂くのですがこれがやめられない美味しさで忘れられません。

3、4日目「安東」に続く