温活シーズンです! よもぎ蒸しが新しくなりました

こだわり1・黄土よもぎ蒸し

黄土座浴

今迄の座浴椅子は足浴と座浴が両用出来るものでしたが、今回黄土座浴を導入致しました。何故かと言いますと、ズバリ芯までじっくりと温める効果が高いからです。よもぎ蒸しをリピートされるお客様は100%体のいずれかが冷えていて温めると楽になる方です。デトックスやダイエット効果よりも、まずは冷えをより改善できることを一番に黄土座椅子を選びました。黄土のものは韓国で手作りされた一生ものの陶器製です。温まると遠赤外線が出るのも特徴です。

仕事のリサーチも含めて韓国に旅行し何度もよもぎ蒸しを受けて来ましたがこだわってよもぎ蒸しをしているサロンは黄土製の椅子を使っています。

私が行って良かったサロンは下の2件

スック

明洞にあるよもぎ蒸し専門店「スック」オーナーが日本人の方なので安心感があります。

ASUKA

東大門にあるエステも受けられるよもぎ蒸しサロン「ASUKA」、老舗サロンです。送迎サービスがありとても便利です。

こだわり2・よもぎの葉

椅子と同じ位大切なのがよもぎの質。ホームページにも案内しておりますが、膣や肛門は粘膜から出来ていて、皮膚の40倍吸収するんです。

よもぎの葉

専用の陶器によもぎの葉をお湯で煮出します。これは煮出した後の状態でとっても濃度が濃いのがお分かりになるかと。

3年熟成の無農薬江華獅子足よもぎ

今回市販されているよもぎ蒸し用の漢方が含まれるエッセンスは仕入れずに、韓国コスメライタージャヨンミさんに代行をお願してよもぎを仕入れました。韓国ではよもぎ100%が主流だそうで、さらによもぎの産地では有名な江華島産の3年熟成の無農薬江華獅子足よもぎを数種類仕入れました。

1か月かけて、私は勿論のこと友人やよもぎ蒸しの顧客の方で色々と試したり、よもぎ蒸しだけでは回数が間に合わず、入浴剤としてバスタイムでも試したところ、見た目だけでなく柔らかさ、色、香りがそれぞれ違い驚きました。
そんな経緯で、厳選しましたよもぎを使っております。

「おしり温活美人」より

3おしり温活美人

以前にもご紹介しましたが、私が尊敬する韓方医「キムソヒョン先生」の著書です。
温活について分かりやすく書いてあり、お客様によもぎ蒸し中にはこの本を読むことをお勧めしています。
この本に書かれている「冷え負債」冷えがたまりにたまった状態のことです。冷え負債が深刻化すると体だけでなくこころの不調も招きます。からだはボイラーのようなもの、スイッチを入れることで全身の巡りが変わります。このスイッチの入れ方=おしり温活の仕方が綴られています。
よもぎ蒸しはこのスイッチを入れるとっても効果的な方法です。

冷えにはもちろんですが更年期におすすめ

個人的にジャスト更年期なもので、1か月の間、週2回程度よもぎ蒸しをしました。
ここ数年軽いホットフラッシュがあったり、局所的に冷えが辛かったりで、体温調節がとても難しい。大好きなサウナも入りすぎると熱がなかなか抜けないようなこともあり以前よりも回数を減らしていることもあり、今回のよぎ蒸しは絶好なタイミングでした。
この黄土座浴はホントのじんわり温まり熱すぎないところがとても良く、暑がりの私でも心地よく温まることが出来るのが良かった。
上質なよもぎの葉から出るチネオール(精油)のスチームの香りにとても癒されて体だけでなく心が落ち着いたのも実感。
音楽を聴きながら、暗めの照明の中で瞑想的に入ることが癖になってしましました。
振り返ってみれば最近マッサージや指圧に行っていなく、肩こり、首凝り、そして冷えると出ていた座骨神経痛が極端に減り、ホットフラッシュもあまり無く体の調子は良好です。

今迄の温活コラムはこちら

よもぎ蒸しシーズン到来! 今年も温活で冷えを撃退(2017.11.08)

温活真っ盛り(2016.12.01)

冷え性の方、ファッションを見直して(2016.11.16)

私的おすすめ温活スポット(2016.11.02)

本格的な冬を迎える前の温活に新しくなった黄土よもぎ蒸し、是非お試し下さい。

プチ薬膳・りんご

体の熱を取り除き、潤すはたらきがあります。発熱、顔の赤味、多汗、のどの渇きに。2日酔いにも効果的。また、消化を助けるので、お腹の張りや便秘の改善にも。
体を冷やすので、温め効果には抜群のシナモンを一緒に取ると良いです。

プチ薬膳・りんご

こんな感じで丸ごと焼いたものはシナモンも一緒に摂れるのでとってもおすすめですよ。
自宅の近くのお店で頂いた丸ごと焼きリンゴとっても美味しくて食後のデザートなのに1個ペロリと頂けちゃいました。ケーキよりカロリーが低いので罪悪感がないのも良いですね。